/

この記事は会員限定です

海外ツアー盛況、顧客はセレブ 引く手あまた50万円の靴

グローバルチザン(世界職人)2

(更新) [有料会員限定]

「この靴がどうしてもほしい。赤は僕の色なんだ」ーー。東京都荒川区で靴工房「ミサワ・ヴェルクシュテッテ」を運営する靴職人の三沢則行さん(41)に2017年、赤いスエード革をあしらったブーツを注文したのは米国の映画監督スパイク・リーさん。映画祭でにぎわうフランスのカンヌでのことだ。

三沢さんは日本の靴作り学校で学んだ後、オーストリアの老舗紳士靴店「ゲオルグ・マテルナ」で修業。10年にはドイツのマイス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルチザン

スーツや靴、時計などの分野で、小規模ながら世界が注目する職人がいる。30~40代を中心に海外修行で感性を磨き、日本人らしい丁寧な仕事で評価を集める。「トランクショー」と呼ばれるオーダーメード注文会で顧客を開拓。都心から離れた工房には海外の愛好家が足しげく通うーー。グローバル(全地球的)に活躍するアルチザン(職人)こと「GlobArtisan」(グローバルチザン)の手仕事を見つめた。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン