/

この記事は会員限定です

プログラミング、つまずいたから つまずかせない

教育を変革 EdTechの旗手(4)

(更新) [有料会員限定]

わかりにくいところを熟知

「プログラミングで僕もつまずいたから、あきらめずに学習できるシステムが必要だと思った」。Progate(プロゲート、東京・渋谷)社長の加藤将倫(28)は、柔らかなビーズクッションに座りながら語る。東京大学の学生時代、プログラムを学ぶ「ゲート」(入り口)を創りたいと志して起業した。遊び心あふれるオフィスには卓球台やゲーム機器も置いてあり、柔軟な発想で学習ソフトを開発している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4529文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

教育を変革 EdTechの旗手

教育にデジタル技術を注ぎ込む「EdTech(エドテック)」の旗手たちが躍動しています。個性に対応できない画一的教育、大都市と地方の格差、いじめ、デジタル技術の教育の貧弱さなど日本が抱えてきた課題の解決に貢献しそうな若き変革者たちの動きから目が離せません。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン