/

この記事は会員限定です

「時が止まった部屋」が訴えかけるもの

(更新) [有料会員限定]

「遺品整理業者さんの孤独死ミニチュア。センスもディテールもすごい」

2017年、ツイッター上に投稿された一つのつぶやきをきっかけに、一躍脚光を浴びたミニチュア作品がある。

机の上に散乱した酒の缶や食べかけのコンビニ弁当。傍らにあるしきっぱなしの布団ーー。同年、東京ビッグサイト(東京・江東)で開かれた葬祭関連用品の展示会「エンディング産業展」で公開された、孤独死現場のミニチュア作品だ。

作者は遺品整...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1274文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

#大人のミニチュア

日本の「ミニチュア」に若い世代や企業が熱い視線を送っている。スマホの写真にすっぽり収まるそのサイズはツイッターやインスタグラムなどSNS(交流サイト)と相性抜群。ストーリー性のあるビジュアルは広告の主役になり、作ったり食べたりと楽しみ方も広がる。新型コロナウイルス禍をも追い風に変え、日本発のコンテンツとして世界に羽ばたけるか。(この連載は本編5回、番外編1回で構成します)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン