/

この記事は会員限定です

ドールハウス人気再燃 本場も一目置いた日本の技術

(更新) [有料会員限定]

ミニチュアブームを支えるのは確かな技術だ。ドールハウスは日本上陸から約40年。本場・欧米に及ばなかった技術レベルに追いつこうと、米国から専門家を招いたり、鉄道模型のノウハウを導入したり。涙ぐましい努力の結果、海外から注文を受ける作家が登場するまでになった。国内での人気も再燃し、国内外で存在感を高めている。

手芸の集大成

ドールハウスは12分の1の縮尺で家を再現する、ミニチュア趣味のジャンルの一つ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2530文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

#大人のミニチュア

日本の「ミニチュア」に若い世代や企業が熱い視線を送っている。スマホの写真にすっぽり収まるそのサイズはツイッターやインスタグラムなどSNS(交流サイト)と相性抜群。ストーリー性のあるビジュアルは広告の主役になり、作ったり食べたりと楽しみ方も広がる。新型コロナウイルス禍をも追い風に変え、日本発のコンテンツとして世界に羽ばたけるか。(この連載は本編5回、番外編1回で構成します)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン