/

この記事は会員限定です

ツインバード工業がコロナワクチン運搬庫 1万台納入

[有料会員限定]
日経クロストレンド

家電メーカーのツインバード工業は2021年2月、厚生労働省に新型コロナウイルスワクチンの運搬庫5000台を納品した。同社によると、温度管理をしながらワクチンを運ぶ製品は他にないという。20年来の研究開発が役立つこととなった。

「毎日が緊張の連続」とツインバード工業の野水重明社長は語る。厚生労働省への納品を終えたばかりだが、新潟県燕市の工場では急ピッチで製造が続く。続いて武田薬品工業へ5000台を納品する。

同社がワクチン運搬庫...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2444文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン