/

この記事は会員限定です

出向先への転職 旅立つ社員、送り出す社長の葛藤

「社員シェア」働き方の今(5)

(更新) [有料会員限定]

インターネット経由で仕事の受発注を仲介するクラウドソーシング大手のランサーズ(東京・渋谷)。デザイナーとして働く長倉雄希(30)にとって、2020年から21年にかけての年末年始は悩みに悩んだ休暇だった。

転職すべきか、否か。ランサーズ「からの」転職ではない。ランサーズ「への」転職である。このとき、長倉は行楽地の遊びやレジャー体験の予約サービスを運営するアソビュー(東京・渋谷)の社員。新型コロナウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2306文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

「社員シェア」働き方の今

新型コロナウイルスの感染拡大後に広がった新たな働き方の形、「社員シェア」。多くの業界が苦しむ中、需要が回復するまで社員に別の企業で働いてもらう。送り出す企業、受け入れる企業。そして働き手たち。コロナがなければ交わることのなかった人々は、いま何を考えているのか。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン