/

この記事は会員限定です

老舗のライオン、外の力生かす 副業人材得て新規事業

「社員シェア」働き方の今(2)

(更新) [有料会員限定]

2020年10月6日、日用品大手ライオンの社員の広岡茜(37)は、明石宗一郎(34)に準備中の新規事業について話した。明石は大企業向けの新規事業開発支援が本業。現在はSAPジャパンに在籍し、同社やコマツなどが設立した建設作業効率化システムのランドログ(東京・港)に出向している。新規事業を立ち上げた経験から、ライオンで副業人材として採用され、助言役を務めている。

2人が話すのはこの日が初めてだった。広岡は新規事業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2018文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

「社員シェア」働き方の今

新型コロナウイルスの感染拡大後に広がった新たな働き方の形、「社員シェア」。多くの業界が苦しむ中、需要が回復するまで社員に別の企業で働いてもらう。送り出す企業、受け入れる企業。そして働き手たち。コロナがなければ交わることのなかった人々は、いま何を考えているのか。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン