/

この記事は会員限定です

自ら描き自ら売る ギャラリー以外の選択肢

アート×ビジネス新世代(3)

(更新) [有料会員限定]

東京都心から電車に揺られること約20分。住宅地を抜け、大きな工場が立ち並ぶ一角にその建物はあった。事前に知らされていなければ、これが気鋭の若手画家のアトリエだとは思わなかっただろう。もともとは解体業者の工場だという。「思い切り絵が描けて、作品も収蔵できる広い場所を探していたとき、たまたま見つけたんです」。画家、井田幸昌はほとんど一日中、ここで絵を描き続けている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2146文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アート×ビジネス新世代

アートには、社会と経済を動かす不思議な力がある。絵画や彫刻がオークションであっという間に高値を付けるだけではない。先端技術を駆使した作品取引システムの構築を市場に促し、起業や街づくりの後押しをすることも。アートが人々の「知性」を刺激し、ビジネスを創り出す瞬間を追った。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン