/

この記事は会員限定です

2021年の祝日は? 間違ったカレンダーに要注意

[有料会員限定]
日経クロステック

2021年は東京五輪・パラリンピックの延期開催に伴い、20年と同様に1年限りで祝日が移動する。決定したのは年が明ける約1カ月前と遅かったので、間違った祝日が印刷されたカレンダーも出回っている。情報システム担当者は注意が必要だ。

システム対応は万全か

20年11月27日、臨時国会で祝日の移動に関する特別措置法が可決・成立した。これに伴い、21年に限り、「海の日」が東京五輪の開会式前日に当たる7月22...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1893文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン