/

この記事は会員限定です

日立造船、プラント設備の検査・診断をAIで大幅効率化

[有料会員限定]
日経クロストレンド

プラント設備の約30%を占める熱交換器。この検査・診断にディープラーニング(深層学習)を活用して、業務効率改善とビジネスの拡大を実現したのが日立造船である。日立造船は、名称から想起される造船事業は現在では手掛けておらず、ごみ焼却発電施設、海水淡水化プラント、上下水・汚泥再生処理プラントなどのプラント設備や船舶エンジンなどの設計・製作を中心に事業を展開している。同社では、主力事業であるプラント設備の検査・診...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4642文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン