/

この記事は会員限定です

30年後を考える国にしよう 70代まで働く環境整備を

論説主幹 原田 亮介

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

2020年がまもなく終わる。コロナ禍の下でひそかに結婚数の減少が進んでいる。21年は出生数の大幅減というもうひとつの「コロナショック」に見舞われる公算が大きい。労働力不足の加速を示す現実は70歳すぎまで働き続ける社会の実現を迫っている。

厚生労働省は毎年末に発表する当年の出生数推計をとりやめた。コロナ禍の影響で推計が困難になっているためだ。前年に「令和婚」で結婚が増えたにもかかわらず、1~10月の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1951文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

NIKKEI Briefing

社会部が振り出し、金融担当でバブル崩壊を目撃し、政治部長当時は第1次安倍政権でした。新型コロナウイルスの感染拡大が経済システムと世界秩序をどう変えるのか。ミクロをみる虫の視点とマクロを見渡す鳥の視点をとりこんで、読者のみなさんに新鮮な情報を届けたいと考えます。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン