/

この記事は会員限定です

外環道、夜間休止後カッター動かず 陥没のメカニズム

[有料会員限定]
日経クロステック

東京外かく環状道路(外環道)の大深度トンネル工事現場の直上で起こった住宅地の陥没事故。陥没箇所にあった土砂は、どのようなメカニズムでトンネル方向に引き込まれたのか。有識者委員会(委員長:小泉淳早稲田大学名誉教授)は施工データの分析に取り掛かった。

気泡を注入しながら掘削

鹿島前田建設工業三井住友建設鉄建建設・西武建設JV(共同企業体)が施工する外環道南行き本線トンネルの泥土圧式シールド機は、東名高速道路そばの発進たて坑から北に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2499文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン