/

ファーウェイ、端末に「血中酸素レベル」測定機能追加

ソフトウエアのアップデートで血中酸素レベル測定機能に対応する機種(出所:ファーウェイ・ジャパン)
日経クロステック

華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は19日、販売中のウエアラブル端末の一部で「血中酸素レベル」の測定機能を追加するソフトウエア・アップデートを実施すると発表した。対象商品は「HUAWEI WATCH GT 2」「HUAWEI WATCH GT 2e」「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」「HUAWEI WATCH FIT」になる。

アップデートにより、血中酸素レベルを24時間モニタリングできるようになる。一部の機種では、血中酸素レベルが低下した際にアラートで知らせる機能も搭載する。ファーウェイ・ジャパンは血中酸素レベル測定機能について、「本製品は一般的なウェルネス・フィットネス目的の製品であり、医療機器として設計されたものではなく、病気などの診断、治療、予防の目的にはご使用いただけません」とした。

血中酸素に関連した機能としては、米Apple(アップル)のウエアラブル端末「Apple Watch Series 6」が、血中に取り込まれた酸素のレベルを測定する「血中酸素ウェルネス」アプリを搭載して注目を集めた。アップルは同アプリについて「医療用(自己診断や医師への相談を含む)ではなく、あくまで一般的なフィットネスとウェルネスを目的としたものです」としている。

(ライター 近藤寿成)

[日経クロステック 2021年1月20日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン