/

NEC、紛失後捜索できるモバイルノート 置き忘れを警告

「LAVIE Pro Mobile」。忘れ物を予防・捜索するため、スリープ時でもBluetoothの電波を5~6時間出し続ける機能を追加した
日経クロステック

NECパーソナルコンピュータは19日、個人向けノートパソコンの春モデルを21日以降順次発売すると発表した。ビジネスパーソン向けのモバイルノート「LAVIE Pro Mobile」と学生向けモバイルノート「LAVIE N12」の2機種は、外出先で紛失を予防したり、紛失した際に近距離無線通信「Bluetooth(ブルートゥース)」で探したりできる機能を搭載した。

Bluetoothタグで忘れ物の予防・捜索ができるIoTサービス「MAMORIO(マモリオ)」に対応し、モバイルノートの本体からBluetoothの電波を定期的に発信する。ユーザー本人のスマートフォンとひも付けておき、数十~100メートル程度離れると置き忘れの可能性があると警告する。また紛失した際は、鉄道各線の忘れ物センターに設置してある端末やMAMORIOを利用している他のユーザーのスマホなどを介し、モバイルノートのありかを捜索できる。Windows 10の「モダンスタンバイ」によって、電源がオンのときだけでなくスリープ状態でも5~6時間はBluetoothを稼働してMAMORIOの識別信号を発信し続けるという。

このほか、LAVIE Pro Mobileは新型コロナウイルス禍の長期化によるテレワークの普及を受けて機能を強化した。具体的には(1)オンライン会議時に複数の話者の音量を均一に補正する機能(2)Outlook(アウトルック)の予定表に登録した会議予定の確認やTeams(チームズ)、Zoom(ズーム)、Google Meet(グーグルミート)の起動などを音声操作で可能にするAI(人工知能)エージェント機能(3)6ギガヘルツ未満(サブ6)の高速通信規格「5G」によるデータ通信機能――などを新たに搭載した。

(日経クロステック/日経コンピュータ 金子寛人)

[日経クロステック 2021年1月19日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン