/

この記事は会員限定です

電通、「おいしいマグロを見抜くAI」実用化の舞台裏

[有料会員限定]
日経クロストレンド

「おいしいマグロが食べたい」。マグロ好きにとって、永遠のテーマがこれだろう。「高ければおいしい」とは限らないし、スーパーのパックの見た目に裏切られることもある。そんな日ごろのちょっとした不満が、ディープラーニング(深層学習)を活用したマグロの目利きにつながった。電通の「TUNA SCOPE(ツナスコープ)」がそれだ。

開発に携わったのは、電通第4CRプランニング局でクリエーティブ・ディレクターを務...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4739文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン