/

この記事は会員限定です

中川政七商店、「不要不急の生活道具」が売れる理由

[有料会員限定]
日経クロストレンド

奈良で300年続く老舗でありながら、「日本の工芸を元気にする!」というビジョンの下、工芸業界初の製造小売り(SPA)事業を確立した中川政七商店(奈良市)。全国に直営店60店舗を展開するが、新型コロナウイルスの感染拡大により2020年4~5月の緊急事態宣言の間、全店休業を余儀なくされた。その時点での販路別売り上げ構成は直営店が8割、電子商取引(EC)と卸が2割。売り上げの大半を担う直営店の休業は大き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3566文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン