/

この記事は会員限定です

富士通に集う外資系人材 野武士が変える

富士通 再起動なるか(5)

(更新) [有料会員限定]

戊辰戦争で江戸幕府に奉じた会津藩の白虎隊。同じく10代の若者を中心に編成された隣接する二本松藩の少年隊に、当時13歳だった小川安次郎は加わった。戦乱を生き延びた小川の直系ひ孫に当たるのが、富士通の最高マーケティング責任者(CMO)、山本多絵子(56)だ。山本は今、欧州列強の後押しを受ける新政府軍にあらがった先祖の姿と、自らを重ね合わせる。

外資系からCMO

「富士通は確かに奥ゆかしい昔ながらの日本企業か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2263文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

富士通 再起動なるか

富士通が変わろうともがいている。IT産業の潮流の変化に乗り遅れ、2020年10月の東京証券取引所のシステム障害では信頼も損なった。「大企業病」の克服には、組織体質から働き方まで根本から変えなければならない。富士通は再起動できるか。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン