/

この記事は会員限定です

異端の出島集団 富士通、舶来品で描く「未来予想図」

富士通 再起動なるか(4)

(更新) [有料会員限定]

東京・丸の内にある瀟洒(しょうしゃ)な高層ビルのワンフロア。富士通のコーポレートカラーである明るい赤とは対照的な、シックな濃紺に染め上げられた空間が広がる。

ここにオフィスを構えるリッジラインズは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を専門に手掛けるコンサルティング会社として2020年4月に発足した。雰囲気は異なるが、れっきとした富士通の100%子会社だ。

DX子会社、厳格な人事評価

オフィスの内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2324文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

富士通 再起動なるか

富士通が変わろうともがいている。IT産業の潮流の変化に乗り遅れ、2020年10月の東京証券取引所のシステム障害では信頼も損なった。「大企業病」の克服には、組織体質から働き方まで根本から変えなければならない。富士通は再起動できるか。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン