/

この記事は会員限定です

マウスコンピューター、YouTubeで顧客獲得単価を半減

[有料会員限定]
日経クロストレンド

パソコンメーカーのマウスコンピューター(東京・中央)はYouTube広告をうまく活用し、CPA(顧客獲得単価)を約半分に引き下げた。同社の取り組みを紹介しよう。

マウスコンピューターがYouTube上で実施しているマーケティング活動のキーワードは「フルファネル」だ。フルファネルの詳しい意味は後述するが、同社は2019年11月、CMキャラクターのアイドルグループ乃木坂46の動画を使って初めてフルファ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3330文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン