/

この記事は会員限定です

スマートシティー実装段階 海外ではファンド登場

[有料会員限定]
日経BP総研

高速通信規格「5G」などの先端技術を活用して社会課題の解決を目指すスマートシティー。2021年は政府の「スーパーシティ構想」実現を目指す地域が選ばれる注目の1年だ。

国内の計画のなかには、実証実験から技術の実装段階を迎えたものも出てきた。スマートシティーを持続可能な形で推進するうえでは、計画を支える組織や技術に対して円滑な資金供給が必要だ。そこでは、様々なファイナンス手法が試みられていくことになる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2260文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン