/

この記事は会員限定です

ブレイクダンス、パリ五輪も熱望した「ギャングの戦い」

踊る日本人(4)

(更新) [有料会員限定]

半世紀近くも前、米ニューヨークの路上で生まれたブレイクダンス(ブレイキン)。ヒップホップ文化と共に世界中に広がり、ついには2024年パリで五輪の舞台にまで乗り込む。世界王者を擁する日本にもその「聖地」と呼ばれる場所がある。

1970年代 治安の悪かったブロンクスから始まる

11月7日、川崎市の大型ライブホール「クラブチッタ」では、激しいダンスバトルが繰り広げられていた。DJの音楽に合わせ、頭で回...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2860文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

踊る日本人

ダンスが学校の必修科目となり、韓流ダンスは普通の習い事の一つに仲間入り。日本出身のバレエダンサーが欧州の名門バレエ団の主役ダンサーに次々と抜てきされれば、五輪種目となったにブレークダンスでは日本人世界王者が誕生。気づけば、SNSでテレビでフツーの日本人が踊っている。フォークダンスすら恥ずかしかった日本人はいずこへ……。踊りの現場をルポする。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン