/

この記事は会員限定です

舞台はSNS 誰もがダンサー、企業PRも踊って

踊る日本人(2)

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

SNS(交流サイト)は、ダンスを披露する人たちでいっぱいだ。短時間の動画向けプラットフォームの台頭で投稿のハードルが下がり、動画投稿アプリのTikTokで「踊ってみた」というハッシュタグがついた動画の視聴回数は53億回を超えた。人気アイドルグループをまねたり友人と協力して踊ったり、ジャンルもレベルも様々。年齢層も幅広い。日本の日常にダンスが溶け込みつつある。

踊ったら投稿、日常の風景に

11月下旬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2263文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

踊る日本人

ダンスが学校の必修科目となり、韓流ダンスは普通の習い事の一つに仲間入り。日本出身のバレエダンサーが欧州の名門バレエ団の主役ダンサーに次々と抜てきされれば、五輪種目となったにブレークダンスでは日本人世界王者が誕生。気づけば、SNSでテレビでフツーの日本人が踊っている。フォークダンスすら恥ずかしかった日本人はいずこへ……。踊りの現場をルポする。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン