/

この記事は会員限定です

ラズパイで「賢いからくり」 EV化に町工場が危機感

[有料会員限定]
日経クロステック

「(小型ロボット)DOBOTや(小型コンピューター)ラズパイが仕事の付加価値を簡単に高めてくれた」――。自動車工場の生産設備向けに治具などの製作を手掛けてきた産技(愛知県豊田市)代表取締役の磯谷充氏はこう目を細める。

従来はもっぱら生産ライン向けの架台や治具の製作を手掛けていた同社。2020年6月に「DOBOT Magician(ドボット・マジシャン)」(中国・深圳市越疆科技=シンセン・ユージェン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3626文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン