/

この記事は会員限定です

アスリートのうんち解析 元日本代表が起こす腸内革命

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

人間の腸には500~1000種類、100兆~1000兆個もの細菌がすむとされ、体調だけでなく、メンタルヘルスなどあらゆる健康に関与しているとされる。「アスリートはコンディショニングのプロ。健康な腸や便の研究が必ず自分の親や子供の将来に価値をもたらす」と、熱弁を振るうのはサッカー元日本代表の鈴木啓太。現在「世界で一番アスリートのうんちを持っている会社」と自認するAuB(オーブ)の社長、「うんち伝道師...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2647文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食トレ最前線

You are what you eat(あなたの体はあなたが食べたものでできている)――。栄養学の研究が進み、食べ物が心身の健康の細部に影響を及ぼすことが分かってきた。体が資本のアスリートたち、最先端の食トレにも貪欲に取り組んでいる。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン