/

この記事は会員限定です

車専用通信、風前のともしび トヨタなどの推進実らず

[有料会員限定]

米連邦通信委員会(FCC)による5.9ギガヘルツ(GHz)帯の再編方針が、「つながる車」の転換点になりそうだ。トヨタ自動車や米ゼネラル・モーターズ(GM)などが長年推進してきた自動車専用通信の帯域幅を大幅に縮小する考えである。代わりに携帯電話の通信方式を基にした技術への移行を促す。トヨタなど推進派は戦略の再考を迫られる。国内における周波数再編の議論につながる可能性もある。

FCCは2020年11...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2851文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン