/

大規模リストラのJT、コロナで迫られるたばこの次

(更新)
日経ビジネス電子版

日本たばこ産業(JT)は9日、国内たばこ事業のリストラを発表した。46歳以上の社員1000人の希望退職を募るほか、九州工場(福岡県筑紫野市)やグループ会社の工場を閉鎖する。営業補佐のパート従業員制度も廃止。退職勧奨や雇い止めなどで、1600人を削減する。一連のリストラで、2022年3月までをめどに3000人規模の人員を減らす。

JTは2022年3月までをめどに、3000人規模のリストラを実施する。写真はJT本社が入居する都内のビル

JTは過去30年にわたって、国内たばこ事業のリストラを繰り返してきた。1985年の民営化後は円高進行や輸入紙巻きたばこの関税撤廃で外国製たばこが安価で流入。市場も96年度をピークに落ち込み、3483億本だった紙巻きたばこの販売数量は、19年度に1181億本と3分の1まで減少している

2003年の中期経営計画では希望退職の募集と退職勧奨を実施。約5700人からの応募があり、製造工場も25から10に減らした。1985年に34あった工場は現在では4工場に、従業員数は約3万1000人から7920人に減っている。

国内市場の縮小に拍車をかけたのが、今回のコロナ禍だ。リストラと同時に発表した20年12月期の売上収益は、前年比3.8%減の2兆926億円。営業利益は6.6%減の4691億円と、2期連続の減収減益だった。国内たばこ事業の落ち込みは大きく、たばこ製品の売上収益は5157億円と前年比9.3%減った。前年比2.3%減だった19年や、同1.4%減の18年に比べ下げ幅が大きい。減少分の300億円程度が新型コロナによる影響と説明しており、国境を越えた移動が制限される中、免税店などでの売り上げが減少した。

海外事業に弱点があった

国内で厳しい戦いを強いられる中、海外シフトのペースを速めることが欠かせなくなる。22年1月をめどに国内たばこ事業と、スイスにあるJTインターナショナルが手がける海外たばこ事業を統合する。米フィリップ・モリス・インターナショナルとブリティッシュ・アメリカン・タバコの上位2社がグローバル最適で経営資源を投下しているのに対し、JTは日本と海外で指揮命令系統が二分されていた。

最適な資源配分により、出遅れている加熱式たばこ事業を広げる。21年後半には、高温加熱式の新商品を発売する。現在の高温加熱式たばこ「プルーム・エス・2.0」よりも、吸いごたえを高めた商品を開発しているという。寺畠正道社長は9日の決算ウェブ会見で「事業運営体制を一本化し、グローバルリソースを最大限活用する」と話した。

それでも前途は険しい。世界保健機関(WHO)が喫煙による重症化リスクについて警鐘を鳴らすなど、コロナ禍でたばこに向けられる視線は厳しさを増した。ロシアなど新興国を中心とした通貨安の進行も、懸念材料だ。JTは売上収益と営業利益の6割を海外で稼ぐ。新型コロナ下で新興国の通貨下落が続けば、収益が目減りする。

JTはかねて新興国で紙巻きたばこを伸ばしたうえで加熱式たばこで巻き返す戦略を進めていた。その間にたばこに限らない新事業も育てていくのが中期的な構想だ。

しかし市場の縮小傾向は長期で続き、コロナにより喫煙リスクに警鐘を鳴らすデータも増えている。長期的に世界のたばこ消費量が減っていくのは明らかだ。寺畠氏は9日の会見で「これからの1年間はJTにとって最も大事な1年になる。2021年から再スタートを切っていく」と話した。国内外のたばこ事業を一本化した先に、加熱式たばこだけでない成長の道筋をどう描くのかが問われている。

(日経ビジネス 白井咲貴)

[日経ビジネス電子版2021年2月16日の記事を再構成]

新型コロナ特集ページへ

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。雑誌発行日の前週の水曜日から順次記事を公開。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

お申し込みはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ビジネス

企業経営・経済・社会の「今」を深掘りし、時代の一歩先を見通す「日経ビジネス電子版」より、厳選記事をピックアップしてお届けする。月曜日から金曜日まで平日の毎日配信。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン