/

この記事は会員限定です

ハイブリッド車偏重で失う日本の「産業競争力」

脱炭素、自動車の論点(上)

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える
日経クロステック

2021年の最重要キーワードといえるのが「カーボンニュートラル」(炭素中立)だ。日本政府による20年10月の宣言を含め、世界の国々が50年までに二酸化炭素(CO2)の排出量を実質ゼロにすることを目指すことで足並みがそろってきた。

とりわけ、大きな変革を迫られているのが自動車業界である。業界動向に詳しいインテルの野辺継男氏(デジタルインフラストラクチャーダイレクター)は、より国際的視点からの「産業競...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン