/

この記事は会員限定です

富士通、東証問題で信頼失墜 根本から組織見直し

富士通 再起動なるか(1)

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

富士通が変わろうともがいている。コンピューターや通信機器で電機産業をけん引したのは今や昔。ハードからシステム構築、サービスへと時代の潮流が変わるのに乗り遅れ、2020年10月の東京証券取引所のシステム障害では世間の信頼も損なった。「大企業病」の克服には、組織体質から働き方まで根本から変えなければならない。富士通は再起動できるか。

「またか」社外取から厳しい指摘

「金融業界はまたかとあきれている」「タガが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2904文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

富士通 再起動なるか

富士通が変わろうともがいている。IT産業の潮流の変化に乗り遅れ、2020年10月の東京証券取引所のシステム障害では信頼も損なった。「大企業病」の克服には、組織体質から働き方まで根本から変えなければならない。富士通は再起動できるか。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン