/

この記事は会員限定です

「あの事故を防げたかも」日本製鉄が採用したAI

[有料会員限定]
日経クロステック

日本製鉄は、人工知能(AI)による設備の状態監視や異常予兆検出に本格的に取り組む。設備の老朽化で未知の不具合が増加しており、しきい値管理などの従来型手法では事故を防ぎきれなくなってきた。未知の不具合にも強いAIの採用で、事故の未然防止に挑む。

2日前に予兆を検出

「熟練者も経験したことのないような不具合が増えている」。老朽化する製鉄所の課題について、日本製鉄デジタル改革推進部部長兼総務部上席主幹の星野毅夫...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2884文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン