/

この記事は会員限定です

自転車は安全あってこそ ウーバー「配達事故ゼロに」

疾走チャリノミクス(5)

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルス禍による巣ごもり需要で、利用者が急増する料理宅配のウーバーイーツ。苦境にあえぐ外食業の救世主として存在感を増す一方、宅配員が使う自転車が起こす事故や交通規則違反などが問題化している。

行動経済学が武器

「交通安全は今、ウーバーの一番大きな課題だ」。日本法人のウーバーイーツジャパン(東京・港)で、コンプライアンス部長として安全対策の指揮を執るのが田中知美だ。コンプライアンス部門のト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

疾走チャリノミクス

環境に優しく、健康によく、密も避けられる夢の乗り物――。脱炭素やコロナ禍で改めて脚光を浴びる自転車。その進化とともに市場規模は世界で広がっています。開発や安全対策など各フィールドを疾走するチャリダーたちを特集します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン