/

この記事は会員限定です

なぜ雑談しやすいクラブハウス 音声技術の秘密

クラブハウスの技術(上)

[有料会員限定]
日経クロステック

2021年1月の最終週あたりから国内でも爆発的に利用者を増やしている話題の音声SNS(交流サイト)「Clubhouse(クラブハウス)」(米アルファ・エクスプロレーション)。著者は音声系のネットアプリの開発に関わるエンジニアなので、話を聞いてすぐにIDを入手、興味津々で体験してみた。驚いたのは「雑談のしやすさ」だ。

心地よさが人を呼ぶ 連日大盛り上がり

仕事柄、音声通信系のアプリは一通り使っている。今をときめく「Zoom(ズーム)」(米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ)はもちろん、「Skype(スカイプ)」「Discord(ディスコード)」「Google Meet(グーグル・ミート)」「FaceTime(フェイスタイム)」「WebEx(ウェブエックス)」あたりは仕事で日常的に使っている。プライベートも含めると「LINE」や「Facebook Messenger(フェイスブック・メッセンジャー)」の音声通話も使う。

だが会話に限るとClubhouseはそのどれよりもやりやすい。音質がよく感じるのもあり、雑談が弾むのだ。筆者だけではない。Clubhouseを使っている友人たちや、他の利用者も異口同音にそうした感想を述べる。その心地よさが人を呼び寄せ、有名人を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4180文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン