/

この記事は会員限定です

福島、帰還困難区域の今 ツアーガイドと窯元の奮闘

復興の担い手たち(5)

(更新) [有料会員限定]

掃き出し窓からのぞく家財道具は、住民があわてて避難した当時のまま。床やベッドを覆うコケが10年の歳月を物語る――。1月上旬、東京電力福島第1原子力発電所が立地する福島県双葉町。「強制避難とは何か。これを見ればわかるのではないか」。妻の実家を案内した山根辰洋さん(35)は、見学ツアーに参加した外国人学生3人に語り掛けた。

原発被災地のツアーガイド

「原発被災地の実態を知ってほしい」と、山根さんは少人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2366文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

復興の担い手たち

2011年3月11日に起きた東日本大震災からまもなく10年。被災地では新たな復興の担い手たちが育っている。住民の暮らしに寄り添い、地域に活力を取り戻そうと奮闘する人々の姿を追った。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン