/

この記事は会員限定です

被災地での起業、志で支える 地域活性化へ奔走

復興の担い手たち(4)

(更新) [有料会員限定]

「思い描いていた未来よりは遅れているかな」。東日本大震災の被災地で企業の創業を支援するMAKOTO(仙台市)の竹井智宏社長(46)は、会社設立から10年を前に現在の事業状況を冷静に評価する。

数百社の創業に関わる

震災をきっかけに務めていたベンチャーキャピタルを退社し、2011年7月にMAKOTOを設立した。これまでに創業支援などで関わった企業は、投資先20社強も含めて数百社に上る。仙台市や東北大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2051文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

復興の担い手たち

2011年3月11日に起きた東日本大震災からまもなく10年。被災地では新たな復興の担い手たちが育っている。住民の暮らしに寄り添い、地域に活力を取り戻そうと奮闘する人々の姿を追った。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン