/

この記事は会員限定です

サムスン、革新を渇望 「愛憎半ば」Appleの背中遠く

サムスンの暗闘(3)

(更新) [有料会員限定]

巨星落つ。2020年10月25日、韓国サムスン電子の中興の祖、李健熙(イ・ゴンヒ)会長が78歳で死去した。入院していたソウルサムスン病院の葬儀会場には政財界の大物が次々と弔問に訪れた。

会場に届けられた弔意を示す数百の白い花輪。ハングル文字の寄贈主の中に英語名があった。「Apple Tim Cook」。米アップルの最高経営責任者(CEO)が李健熙氏の死を悼んで花輪を送らせたのだ。

11年にアップル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2826文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

サムスンの暗闘

韓国サムスン電子が大きな転換点に立っている。スマートフォンやテレビなど世界首位の製品群をそろえアジアを代表する巨大企業となったが、その背後には今、中国の影が忍び寄る。巨艦サムスンはどこへ向かうのか。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン