/

この記事は会員限定です

サムスントップ再収監 政治と世論に翻弄される財閥

サムスンの暗闘(2)

(更新) [有料会員限定]

1月18日午後2時、ソウル高等裁判所。韓国サムスン電子のトップ、李在鎔(イ・ジェヨン)副会長は直立し、静かに裁判官の判決宣告を聞いた。

「主文、被告人の李在鎔、懲役2年6月」。

李氏は沈黙したまま、天井を見上げた。宣告後に発言を促された際にも「特に話すことはありません」とだけ回答。裁判官が退廷した後、韓国最大財閥トップは法廷で拘束され、そのまま収監された。今後1年半は刑務所生活を強いられることにな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2854文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

サムスンの暗闘

韓国サムスン電子が大きな転換点に立っている。スマートフォンやテレビなど世界首位の製品群をそろえアジアを代表する巨大企業となったが、その背後には今、中国の影が忍び寄る。巨艦サムスンはどこへ向かうのか。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン