/

この記事は会員限定です

Slackが官公庁に売り込み Teamsの牙城崩せるか

[有料会員限定]
日経クロステック

技術者に人気のビジネスチャットツール「Slack(スラック)」。2021年は中央省庁や地方自治体でも利用が進みそうだ。米スラック・テクノロジーズの日本法人Slack Japan(東京・千代田)は行政や公的機関向けの提案を強化しており、農林水産省は20年12月にSlackを利用する実証実験を始めた。行政向け市場に強い米マイクロソフト「Microsoft Teams(チームズ)」の牙城を崩せるか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1887文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン