/

この記事は会員限定です

自宅ネットが危ない 2021年のセキュリティー脅威

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える
日経クロステック

2020年は多くの企業でテレワークの導入が進み、ビデオ会議ツールのセキュリティー問題やVPN(仮想私設網)製品の脆弱性を突く攻撃が発生した。マルウエア(悪意のあるプログラム)の「Emotet(エモテット)」が再び猛威を振るった年でもあった。

それでは21年はどのようなサイバー攻撃が見込まれるのだろうか。サイバーセキュリティー各社の予測をみていこう。

テレワーク環境が攻撃対象に

トレンドマイクロと米ファイア・アイの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1824文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン