/

この記事は会員限定です

DXで変わる決裁 状況にあったツールを使いこなそう

学び×DXコミュニケーション(2)JUAS情報共有研究会部会長の斎藤学さん

(更新) [有料会員限定]

デジタルトランスフォーメーション(DX)時代のビジネスコミュニケーションについて、今回は米マイクロソフトのMicrosoft Teamsや米スラック・テクノロジーズのSlackのような新たなコミュニケーションのツール活用と業務の変化を考えます。ビジネスの現場でツールを使いこなし生産性を高めるには、決裁や承認などのプロセスがどう変化するかを知ることも重要です。

DX決裁、3つのパターン

在宅勤務中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2267文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

学び×DXコミュニケーション

いま、コミュニケーションに悩んでいるビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。新型コロナ禍、デジタルトランスフォーメーション(DX)の導入は進みます。今回の学び編ではDX時代のビジネスコミュニケーションに詳しい日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)の斎藤学さんに現場で役立つ知恵を聞きます。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン