/

この記事は会員限定です

震災10年、アイリスが目指す日本のためのモノづくり

学び×大山健太郎アイリスオーヤマ会長(4)

(更新) [有料会員限定]

きょう3月11日で東日本大震災から10年です。国内外から多くの支援が東北に寄せられました。復興予算は阪神大震災の規模をはるかに超えています。「東北の復興なくして日本の再生なし」を合言葉に助けてくださった皆さまに、深く感謝します。

被災地で若手経営者を育成

大規模な復興工事でインフラは予想以上に整備されました。ただし被災地を復興させることは、なかなか難しいことです。もともと過疎地ですので会社も仕事も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2174文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

学び×アイリスオーヤマ会長

3月11日で東日本大震災から10年。仙台市に本社を置くアイリスオーヤマの大山健太郎会長は震災だけでなく様々な危機に直面しながら、町工場を世界展開する企業に育てました。今週は「学び」の特別編として、「ピンチはチャンス」が持論の大山氏に危機に挑む経営を聞きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン