/

この記事は会員限定です

石油危機で倒産寸前 アイリス会長が得たユーザー視点

学び×大山健太郎アイリスオーヤマ会長(3)

(更新) [有料会員限定]

真珠の養殖ブイの需要急減でブームに乗ることや単品経営の怖さを知らされた私ですが、アイリスオーヤマが現在まで生き残ってこられたのは常に「次の仕事」を探し続けていたからです。養殖ブイを父から引き継いだブロー成形で作りながら、射出成型などの新方式も模索していました。注目したのが農業です。真珠のような服飾産業とは違い、流行に流されない「地に足が付いた産業」だと考えたのです。

宮城県に工場建設を決断

当時は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2069文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

学び×アイリスオーヤマ会長

3月11日で東日本大震災から10年。仙台市に本社を置くアイリスオーヤマの大山健太郎会長は震災だけでなく様々な危機に直面しながら、町工場を世界展開する企業に育てました。今週は「学び」の特別編として、「ピンチはチャンス」が持論の大山氏に危機に挑む経営を聞きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン