/

この記事は会員限定です

セレクトショップは選ばれるか 3社トップが語る未来

セレクトショップの選択(5)

(更新) [有料会員限定]

セレクトショップは海外の衣料品を輸入販売する業態として始まり、後に日本独自のファッションを生み出した。新型コロナウイルスの影響でアパレル産業の構造が変わるなか、セレクトショップの強みは何か。業界を代表する3社のトップ、ユナイテッドアローズの竹田光広社長、ベイクルーズの杉村茂社長、ビームスの設楽洋社長に聞いた。

ウェブ接客、1対100から1対1に

ユナイテッドアローズの竹田光広社長

 総合商社の兼松江商(現フォワード・アパレル・トレーディング)でアパレルや小売り関連の業務を担当後、2005年ユナイテッドアローズに入社。12年から社長

――20年5月には大手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクトショップの選択

欧米の衣料品をいち早く日本に持ち込み若者のファッション文化をけん引してきたセレクトショップがいま、選択を迫られている。新型コロナ禍の「巣ごもり生活」など逆風が強まるなか、新たな市場を開拓する動きを追う。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン