/

この記事は会員限定です

ベイクルーズ、地方開拓に舵 ネット通販先駆者の決断

セレクトショップの選択(4)

(更新) [有料会員限定]

都心部の実店舗を軸に成長してきたセレクトショップだが、新型コロナウイルス禍で外出自粛が広がり戦略の修正を迫られている。この危機をチャンスとみるのが「ジャーナルスタンダード」を展開するベイクルーズ(東京・渋谷)だ。アパレル業界で先んじてネット通販の仕組みを整えた実績とデータをもとに、地方に舵(かじ)を切ろうとしている。

都心部一等地に転機

1月31日、東京・渋谷から原宿に続く明治通りで、歴史あるセレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1804文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクトショップの選択

欧米の衣料品をいち早く日本に持ち込み若者のファッション文化をけん引してきたセレクトショップがいま、選択を迫られている。新型コロナ禍の「巣ごもり生活」など逆風が強まるなか、新たな市場を開拓する動きを追う。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン