/

この記事は会員限定です

憧れのブランドは古着から 若者が集うラグタグ

セレクトショップの選択(2)

(更新) [有料会員限定]

おしゃれ好きな若者はいつの時代も存在する。ハイブランドの洋服を買うお金はないけれど、服にはこだわりたい。そんな消費者をとらえているのがブランド古着だ。老舗中古セレクトショップのティンパンアレイ(東京・品川)が運営する「ラグタグ」には、憧れの服を求める若者が集まる。

「安い」「まだまだ着られる」

「とにかく安くて!」。2月下旬、東京都の渋谷から原宿をつなぐ流行ファッションの中心地、キャットストリート...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1903文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクトショップの選択

欧米の衣料品をいち早く日本に持ち込み若者のファッション文化をけん引してきたセレクトショップがいま、選択を迫られている。新型コロナ禍の「巣ごもり生活」など逆風が強まるなか、新たな市場を開拓する動きを追う。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン