/

NTTコム、ワーケーション施設検索・予約の実証実験

日経クロステック

NTTコミュニケーションズは8日、仕事と休暇を組み合わせた「ワーケーション」向け施設の検索・予約の実証実験を2021年1月中旬に開始すると発表した。同社のワークスペース検索・予約サービス「Dropin(ドロッピン)」の機能を用いる。

今回の実験を通じて、旅行先や研修先などでもワークスペースを確保できるサービスのニーズや課題などを検証する。目的に応じたワーケーション施設をスムーズに利用できるかなど、ユーザー体験の価値検証を行う。ワークスペースを提供する店舗側の運用状況の検証も実施する。

実験は、日本テレワーク協会とKNT-CTホールディングス と共同で実施する。実施期間は、21年1月中旬から3月31日までを予定する。

3者は今回の実験で得られた知見を基に、ワークスペースだけでなく、宿泊施設や交通手段などの情報を連携させ、一元的に検索・予約・決済ができるサービスの商用化を検討する。さらにNTTコムは、人材の育成・研修を行う企業や、地域課題解決のためのビジネスマッチングおよびコワーキングスペース(共用オフィス)事業を行う企業などと提携し、ワーケーションの生み出す価値の拡大を目指す。

(日経クロステック/日経ニューメディア 長谷川博)

[日経クロステック 2020年12月9日掲載]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン