/

この記事は会員限定です

楽天・イオン…被害広がるセールスフォース設定問題

[有料会員限定]
日経コンピュータ

セールスフォース・ドットコムのクラウドサービスの「設定不備」による顧客情報漏洩リスクが浮上した。火種は5年前の製品刷新に潜み、設定不備に気づいていない企業も多そうだ。

15万社以上が使い、「世界No.1CRM(顧客情報管理)」をうたうセールスフォース。同社が提供するクラウドを使う企業で、本来アクセスできないはずの情報を第三者が閲覧できてしまう問題が明らかになった。この問題に気づいていない企業もある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2968文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン