/

この記事は会員限定です

「迎える」ロボット 武器は愛嬌?ホテルで手助け

ロボット新世紀(2)

(更新) [有料会員限定]

人間の代わりに街の中でロボットが働く時代は、やってくるのか。この問題意識を人一倍強く持つのが、サイバーエージェントAIラボ・主任研究員の馬場惇(32)だ。超人的なロボットをゼロから開発するのではなく、能力的には普通でも「withコロナ」の社会に役立つロボットをどう導入していくか。持ち前のパワーで実現に挑む。

フロントであいさつ

東急ステイ(現・東急リゾーツ&ステイ)高輪(東京・港)を訪れると、廊下から「お疲れさまです...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1713文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ロボット新世紀

新型コロナウイルス感染症が流行を繰り返す「withコロナ時代」に、ロボットが生まれ変わろうとしている。「強さ」を求めていた時代から、「優しさ」や「癒やし」の時代へ。新世紀のロボット開発に挑む気鋭の開拓者を追った。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン