/

この記事は会員限定です

「月曜の出社が楽しみ」 地方に学ぶ幸福経営

(更新) [有料会員限定]

「本日、柳沢さんが還暦を迎えます!」。パーツやナットなどを製造する西精工(徳島市)の本社工場。4月下旬、午前8時の始業前に開かれたのが勤続24年のベテラン、柳沢富江の誕生日会だ。社員全員によるバースデーソング、社長の西泰宏のハグ、花や手紙の贈呈。柳沢は「この会社に入って本当によかった」と真顔で語る。250人ほど社員がいるので、ほぼ毎日のように誕生日を祝う催しが開かれる。

1時間超の朝礼

創業100...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1933文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウェルビーイング

先の見通せない時代、「幸せ(幸福、ウェルビーイング)」が経営者の合言葉になっている。従業員の幸福の「健康診断」をしたり、担当役員を配置したり。従業員が幸せであれば創造性や生産性も高いとする研究成果も増えてきた。幸福度ランキングで先進国の下位に沈む日本。あなたの会社の社員は幸せですか?――

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン