/

この記事は会員限定です

トヨタもロート製薬も 経営理念の根幹に「幸せ」

(更新) [有料会員限定]

「きょうの進行は『まいまい』と『むしゃむしゃ』です。よろしくお願いします!」。こんな明るい掛け声を合図に約30人がオンライン上に集まって画面上で一斉に手を振る。4月下旬の午後、大企業の人事担当役員らが参加する「みんなで幸せでい続ける経営研究会(幸せ研)」の定例会が始まった。

幸せ研はいわば幸福経営の「虎の穴」だ。コーチング事業を手掛けるウエイクアップ(東京・品川)社長の島村仗志と、慶応大大学院教授...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウェルビーイング

先の見通せない時代、「幸せ(幸福、ウェルビーイング)」が経営者の合言葉になっている。従業員の幸福の「健康診断」をしたり、担当役員を配置したり。従業員が幸せであれば創造性や生産性も高いとする研究成果も増えてきた。幸福度ランキングで先進国の下位に沈む日本。あなたの会社の社員は幸せですか?――

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン