/

この記事は会員限定です

ハイブリッド廃止のスズキ「ソリオ」 燃費より快適性

[有料会員限定]
日経クロステック

燃費性能に優れるハイブリッド車(HEV)の設定を廃止したスズキの新型「ソリオ」。簡易ハイブリッド車(MHEV)をパワートレーンの主力と位置付けるが、システムを構成するエンジンや発電機、リチウムイオン電池などの主要部品はすべて、先代車のものをそのまま流用した。車両質量が増えたため、全面改良した新型車の方が燃費が悪い。

ソリオの全面改良は、クルマの競争軸の変化を象徴するものといえそうだ。スズキ社長の鈴木俊宏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1444文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン