/

この記事は会員限定です

「コアラのマーチ」の陰にも安川 自動化の「請負人」

(更新) [有料会員限定]

2020年秋、安川電機社長の小笠原浩(65)は新型コロナウイルスの感染拡大が一時的に収まった合間をぬって、東京近郊にある顧客の電子部品メーカーを訪ねた。電子部品業界は、コロナで受注の先行きが見通しづらくなっていた。「工場のラインを少ない人員でも動かせるようにしたい」「生産効率をもっと上げられないか」。小笠原が取引先の経営者から受けたのは、切実な相談だった。

顧客の悩みを聞きに

グローバルで競争が激しくなり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1786文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ロボの黒子 安川電機の変身

「産業界の黒子」。安川電機のビジネスはそう例えることができる。一般の知名度が高いわけではない。だが、同社の産業用ロボットなどは、自動車や半導体をつくる工場にはなくてはならない。そんな会社が「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を掛け声に、変身に挑み始めた。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン